AND PROJECT アンドプロジェクト

グループホーム創出による障がい者支援事業 AND PROJECT アンドプロジェクト

グループホーム

そんな運営事業者さまのグループホーム開設をサポートします

この社会的な課題を解決したい

障がい者のための「住まい」と「仕事の場は」まだまだ供給不足であり、今後さらに障がい者の人口は増えると予測されています。そういった障がい者の状況を省みて、日々障がい者の方、また障がい者のご家族の方のために活動をしております。

詳しく見る

初期コストを抑えた運営を実現

私達は土地と建物をセットで御提案しています。一括借り上げ(20年固定)のやり方でしているので初期費用として保証金のみをいただいています。なので事業者様には保証金+運営を行うのに最低限必要なテーブルや机を揃えていただくだけで運営が開始出来ます。

詳しく見る

自然素材と安全安心な建物

事務的に予算に合わせてハコとして「施設をつくる」のではなく「安心してくつろげる住まい」として家づくり同様、オーナー様の思いや予算に寄り添ってプランニング。利用する方とご家族、運営する方…全員が喜べる場所をつくります。

詳しく見る

この社会的な課題を解決したい

全国の障がい者認定数 約8,600,000人 グループホーム供給率 わずか6%
ディーズパレット株式会社では地域の障がい者のために障がい者グループホームと就労支援施設の拡充を目標に活動しています

障がい者のための「住まい」と「仕事の場」は、まだまだ供給不足であり、今後さらに障害者の人口は2045年をピークに増えると予測されています。そういった障がい者の状況を省みて、日々障がい者の方、また障がい者のご家族の方のために活動をしております。ぜひ皆様と一緒にこの社会的な課題を解決したいと思っておりますのでご協力のほど宜しくお願い致します。

D’S PALETTE 株式会社 代表取締役社長 中島 剛

中島 剛

初期コストを抑えた運営を実現

ディーズパレット株式会社では事業者様の気持ちや思いに応えるためグループホーム運営と就労支援施設開設の間口を大きく広げて活動しています。

グループホームや就労支援施設を開設するには大きな初期投資金が必要になります。この資金を私達は必要最低限の金額に抑えて運営のお手伝いをさせていただきます。仲介会社、土地オーナーが介在しないのでスムーズに運営を開始することができます。

OK

自然素材と安全安心な建物

安心、安全で健やかな住環境をご提案します。

事務的に予算に合わせてハコとして「施設をつくる」のではなく「安心してくつろげる住まい」として家づくり同様、オーナー様の思いや予算に寄り添ってプランニング。利用する方とご家族、運営する方…全員が喜べる安心、快適な建物の提供を行います。

施工例を見る
グループホームイメージ
特徴
自然素材イメージ
自然素材 自然素材の可能性、豊かさ、美しさを生かした住環境。

ついつい裸足で過ごしたくなり、寝転べば木の匂いに包まれる…そんな杉無垢材の床をはじめ、手作業で仕上げた温かみのある塗り壁などを標準仕様。材料そのものが呼吸するようで湿気もこもりにくく、杉の森林効果まで期待できる住環境を作ります。家で長く過ごすことの多いご利用者のみなさんにこそ、体感してほしい自然素材の空間です。

安心+快適イメージ
安心+快適 夏は涼しく、冬は暖かい、
1年中快適な住空間を実現。

「快適さ」と「住まいの寿命」その両方を考えて私たちが辿り着いたのが『ダブル断熱』という工法です。「EPSパネル」という外断熱材と「セルロースファイバー」という内断熱材の合わせ技で、家にもダメージを与える結露を防ぎ、冷暖房の効果が長持ちし、燃えにくく、防音効果も高い空間が出来上がります。

頑強な構造イメージ
頑強な構造 半永久的に、新築時の
耐震性を保ち続ける建物。

構造材として防蟻、防腐効果のある薬剤を加圧注入した国産無垢材「緑の柱」を採用。公的施設にも多くの導入実績のある技術で、注入する薬剤もシックハウス症候群の原因となる物質は一切含みません。寸法の安定性から新築時の耐震性を保ち続けるのも特徴。構造部分がしっかりしてることで、将来リフォームをする際にも修理費を大きく節約できます。

高い防音性能イメージ
高い防音性能 国からも認定を受けた
防音する断熱材。

ファイバーエースの多孔性と高密度充填の施工により、車の音や話し声などの騒音を吸収し、外側から室内へ伝わる音をやわらげます。その防音効果は、アメリカで空港周辺の吸音材として使われるほど優れています。セルロースファイバーを使った遮音構造は国内で初めて国土交通省から認定を受けています。(界壁の遮音試験)

建物プラン
ムダのないシンプルな建物設計。

グループ会社は住宅会社として様々な条件の土地でオーナー様の思いを叶える建物を設計してきました。生活動線を考え、各スペースが広すぎず、狭すぎず…ムダを極力省いた暮らしやすい設計にはこだわりがあります。もちろんシンプルな設計は、コストを抑えることにも繋がります。またシンプルだからこそ「素材のよさ」を感じていただけるでしょう。

間取り
■居室/10室 個室の広さ/6畳 定員/10名
■共用施設/リビングダイニング・キッチン・浴室
 共用トイレ(各フロア2ヵ所)・洗面スペース・洗濯室・脱衣室
充実した設備
日常生活をより快適に過ごすための機能性や安全性に配慮した設備仕様が暮らしを支えます。

第一に大事なのはスプリンクラーです。スプリンクラーは命を守る最後の砦です。火災発生時にスプリンクラーがあるのと無いのでは大きな違いが生まれます。そのスプリンクラーを標準装備しています。また、防災カーテンや自動火災報知機はもちらん装備していますが、お客様のご要望により、建て物に太陽光の設置や災害時、携帯電話の充電ステーションを設備することも可能になっております。

消防法の課題をクリアする「自動火災報知器」「防炎カーテン」「スプリンクラー」も標準装備。
グループホーム開設に必要な設備を標準装備
エアコン
エアコン
照明
照明
クローゼット
クローゼット
ドアクローザー
ドアクローザー
物干し
物干し
テレビドアホン
テレビドアホン
ポスト
ポスト
洗顔
洗顔
浴室
浴室
トイレ
トイレ
障がい者グループホームにおける防火安全対策の推進について-スプリンクラー設備の設置免除基準の代替案に関する検討-

平成27年4月1日施行の消防法令改正により、グループホーム等における消防用設備の設置基準の見直しが行われ、避難が困難な障がい者等を主として入居させるグループホームについては、従来の面積要件(延べ面積 275m²以上)が撤廃され、原則として、スプリンクラー設備の設置が義務づけられました。障がい者グループホームにおける火災等に対する安全確保は重要であり、入居者の生命を守ることに最大限の注意を払う必要がありますが、大阪府内のグループホームは、定員4人以下の小規模事業所が多く、賃貸住戸が8割を超えるほか、支援区分4以上の利用者が半 数を超えるなどの特徴があり、賃貸住戸の場合は所有者の承諾が必要であるなど、設置費用の負担だけにとどまらない大きな課題となっています。

施工例

個別相談受付中

フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
セミナー情報

障がい福祉事業 個別セミナー開催

日時:7月17日(水) 10:00〜15:00
場所:株式会社中商 岸和田オフィス

障がい福祉事業 個別セミナー開催!! !!ゼロからでも始められる、障がい者事業について!! 「具体的には、何からはじめればいいのか?」 ①何から始めていいかわからない  ②そもそも障がい福祉って利益だせるの? と思われて […]

もっと詳しく

セミナーへ参加希望の方は以下のフォームに入力の上、送信してください。